茨木マンションリフォーム作業編(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後半の3日目には、玄関部分の床です。

北垣電気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存シートをめくり、コルクタイルを敷く為に下地を平滑にします。
壁と同様に、水平ではないので、床なりに合わせて靴箱下陥没部分の床を作ります。
パテ埋めには、アースシールを使いました。
パテが乾いてから、墨をうちコルクタイルを敷いていきます。
専用ボンドで圧着貼り。ローラーで押さえます。
そして、靴箱仮据付!

工事最終日の4日目には、靴箱据付や、細かなところの補修、手すり等の現状復帰の日としました。照明器具も取替です。

北垣電気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養生も撤去し、受け渡しとなります。

工事日は4日間としましたが、お客様のご協力もあり日程通り進める事ができました。
部屋の家具を移動していただいていたり、10時や15時にはコーヒーやお菓子をだしていただき、御心遣いありがとうございました。
他にもキッチンで使われる棚の製作や、ご近所様からも棚の製作等、ご依頼いただきました。
誠にありがとうございます。

北垣電気工房 ハマダ

関連記事

ページ上部へ戻る